広告 仕事と働き方

転勤族の妻は正社員として働ける?5つの方法とおすすめの働き方を紹介

※本ページはプロモーションが含まれています

こんな方におすすめ

  • 転勤族の妻だけど正社員で働きたい
  • 転勤族の妻が正社員で働ける方法が知りたい
  • 働く際に気をつけることや他におすすめの働き方を知りたい

 

夫が転勤族の方は、「正社員で働くなんて無理なんじゃ‥」と思ってしまいますよね。

私自身も、夫の転勤を機にそれまで勤めていた会社を退職しましたが、正社員として仕事を続けたいとういう気持ちは常にどこかにありました。

この記事では、働き方に悩む転勤族の妻の方々の為に

  • 転勤族の妻が正社員として働く方法
  • 職場復帰する方法
  • 正社員で働く際に注意すること
  • 正社員以外でのおすすめの働き方

をまとめました。

これから正社員として働きたいと考えている転勤族の妻の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは早速見ていきましょう!

▼正社員で仕事を探すならおすすめはdoda
今人気のフルリモート求人が多数掲載されています♪


\登録は完全無料/

公式ページを見る

※キャンセルOKなのでご安心ください◎

 

【転勤族の妻が正社員】そもそも正社員で働ける?

結論から言うと、転勤族の妻であっても、正社員で働くことは可能です。

なぜなら、ここ数年で「リモートワーク求人」が急激に増えているから。

働く場所を気にせずに仕事ができるリモートワークでの正社員採用であれば、転勤族の妻でも仕事を続けることが可能です。

ただし、子どもが小さいなどの条件がある場合は厳しいこともありますので、「正社員」だけにこだわらず、自分に合った働き方を見つけていきましょう。

 

正社員で働くことのメリットとデメリット

まずは正社員で働くことのメリットとデメリットを比較してみます。

 

◎メリット △デメリット
  • 収入面での安定
  • 産休・育休がとりやすい
  • 解雇の心配が少ない
  • キャリアアップができる
  • 福利厚生の充実
  • 社会的信用がある
  • やりたい仕事ができない場合もある
  • 基本8時間労働
  • 責任が重くプレッシャーがある
  • 長期休暇が取りづらい
  • 時短勤務は法律では満3歳までしか認められていない

 

正社員になりたい理由を考えよう

先程の比較表でも分かるよう、正社員にはメリットもあくさんありますが、デメリットも存在します。

同じ転勤族の妻であっても、子どもの有無や年齢、転勤の頻度や周りの環境によっても、合う働き方は様々。

焦らずに、自分に合った働き方を見つけることが大切です。

転勤族の妻におすすめの仕事と働き方はこちらの記事もご覧ください。

転勤族の妻におすすめの仕事と働き方
転勤族妻におすすめの仕事を比較!現役転妻がぴったりの働き方を紹介

目次 読みたい見出しをタップ転勤族妻におすすめの仕事を比較!現役転妻がぴったりの働き方を紹介転勤族妻におすすめの仕事5選!徹底比較転勤族妻におすすめの仕事メリット・デメリット派遣社員ブログ運営全国チェ ...

 

 

【転勤族の妻が正社員】正社員として働ける5つの方法

メリット・デメリットを考慮した上で、やっぱり正社員で働きたいという方は、以下の5つの方法があります。

  • フルリモートOKの企業に就職する
  • 配偶者転勤帯同制度を利用する
  • 転勤先で正社員の求人を探す
  • 転職に有利な資格を取る
  • 夫に単身赴任してもらう

一つずつ詳しく見ていきましょう。

フルリモートOKの企業に就職する

ここ数年で、リモートワークが一気に普及しました。

完全在宅ワーク可能の企業であれば、住む場所を気にせず働くことができるので、転勤先でも仕事を変えずに正社員として働き続けることができます。

 

配偶者同行制度を利用する

配偶者同行制度とは、配偶者が転勤になった場合、その随伴の為の転勤を認める制度のことです。

例えば、A社で働く夫が、大阪から東京に転勤になった場合、妻の勤めるB社に東京支店があれば、妻も東京に転勤させることで、退職を防ぐことができます。

この制度を利用すれば、あなたも同じ会社で働き続けることができますし、企業側にとっても、優秀な人材をそのまま別の営業所でも活かすことができるというメリットがあります。

注意ポイント

  • 配偶者と同じエリアに支社や営業所があることが条件となる
  • この制度がある企業は、全国に支店や店舗がある大企業に限られる
  • 業務に汎用性がある仕事が有利になる
  • 転勤前と同じ業務ができるとは限らない

利用できれば一番ありがたい方法ですが、限られた企業でしか利用できないのが現実です。

転勤先で正社員の求人を探す

転職活動が苦ではない、または夫の転勤頻度が少ない場合は、転勤の度に新しい職場を探すのもおすすめです。

一つの職場に長く働き続けることが重要だった昔と比べ、現代は2〜3年で転職も当たり前の時代。

「転勤で辞めなければいけないから」という理由で就職活動を躊躇する必要はありません。

自分に合った仕事があるか不安な方は、無料のリクナビに登録し、どんな仕事があるか探してみるのもおすすめです。

▶リクナビネクストに登録する

 

転職に有利な資格を取る

今から転職に有利な資格を取得するのであれば、完全在宅ワークがしやすい、WEB関係の資格やスキルを習得しておきましょう。

独学で取得することも可能ですが、余程の時間と根気がないと難しいです。

忙しいママには、“スキル習得”から“仕事にする”までをオンラインでサポートしてくれるシーライクスがおすすめです。

無料体験レッスンが充実しているので、一度覗いてみてください。

\たった1分で予約完了/

無料で体験する

※人気のレッスンの為予約が取りづらい場合があります。申し込みはお早めに

 

私も参加しましたが、改めて将来のことを考える上で、とっても有益な時間になりました!

もし今働き方に迷っているなら、一度は受けて損はないレッスンです。

もちろん無料体験レッスンの参加のみでもOKです。

強引な勧誘はないので、安心してくださいね♪

シーライクスの無料体験レッスンを受けた本音口コミはこちらの記事をご覧ください。

シーライクス無料体験レッスンを受けてみた!30代専業ママの本音

こんな方におすすめ シーライクスの無料体験レッスンの内容は? 強引な勧誘はされない? シーライクス無料体験レッスンの正直な感想が知りたい   この記事では、30代専業ママの私が、シーライクス ...

続きを見る

 

夫に単身赴任してもらう

現在の会社で仕事を続けたい場合は、夫に単身赴任してもらうことも一つの手です。この方法であれば、確実に妻のキャリアを守ることができます。

ですが、単身赴任の場合は注意点も多いので,家族でしっかり話し合うことが大切です。

単身赴任の注意点

  • 生活費や家賃が二重にかかる
  • 夫が子どもの成長を見守れない
  • パパ不在の子どもの心の問題
  • ワンオペで家事、育児、仕事をこなす必要がある
  • 離婚率が高まる
私の周りでは、子どもの入学(小学・中学)に合わせて単身赴任になる方が多い印象です

 

【転勤族の妻が正社員】正社員として復帰するには?

勤めている(勤めていた)会社に正社員として復帰する場合は以下の2つの方法があります。

配偶者転勤休職制度を利用する

配偶者転勤休職制度とは、配偶者の遠隔地赴任や海外赴任等の事情で、退職を余儀なくされる場合に、一時的に「休職」をすることができる制度です。

こちらの制度は法律に決まりがない為、休職できる最長の期間等は、会社独自で定めたものになります。

取り入れている企業は、大手企業や国家公務員など一部の企業のみですが、一度会社に確認してみましょう。

再雇用制度を利用する

再雇用制度とは、定年退職、結婚や出産、配偶者の転勤などにより、やむを得ず退職した人がもう一度働きたい場合に、優先的に再雇用してもらう制度です。

再雇用制度には、企業側も即戦力を確保できるというメリットがあります。

休職制度は、会社に籍を置いたまま一時的に「休職」という形で職場を離れますが、こちらの再雇用制度は、一旦退職になるので、会社の求人状況によっては、必ずしも元の職場に戻れる保証はないので、注意が必要です。

 

【転勤族の妻が正社員】正社員として働く時に注意すること

正社員としての就職先を見つけたとしても、特に子どものいる転勤族の場合は、以下の点を注意しなければなりません。

保育園の転園問題

転勤先で子どもの預け先がなければ、働けません。

転勤が決まったら、すぐに保育園の空き状況を自治体の公式HPで確認しましょう。

空きがない場合は、二次募集や認可外、一時預かり保育を募集しているところもピックアップしてみてください。

どうしても保育園が無理な場合、私立幼稚園で延長保育をしているところだと、比較的入園しやすいです

急な子どもの体調不良の対応

転勤先だと、実家も遠いため、周りに頼れる親族がいません。

子どもは急に体調を崩すものですが、正社員で働いていると、どうしても休みが取りづらいもの。

ママばかりに負担が行かないように、夫婦で事前に話し合い、役割分担を決めておきましょう。

また事前に病児保育の情報も調べておくと安心です。

 

【転勤族の妻が正社員】正社員が難しい場合は派遣も視野に

正社員採用ではなく、派遣会社に登録し、派遣社員として働くという手もあります。

全国展開している派遣会社に登録しておけば、転勤先でもすぐに新しい仕事を見つけることができるので安心です。

派遣社員のメリット

  • 希望する期間の仕事が選べる(3年満期で1ヶ月から可能)
  • 短時間勤務の仕事が選べる
  • 派遣会社の福利厚生へ加入できる

 

派遣社員であれば、正社員のメリットをカバーしつつ、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるので、転勤族には特におすすめです。

 

 

【転勤族の妻が正社員】私の経験 どうして正社員で働きたいの?

あなたが正社員で働きたい理由はなんでしょうか。

パッと思いつく理由としては、収入が安定する、解雇の心配が少ない、こういったものが多いのではないかと思います。

私も実際、「金銭面での余裕が生まれるから」という理由で、正社員で仕事をしたいなと考えていました。

でもよく自分と向き合って考えてみると、私が正社員として働きたい理由は「夫と同等の立場になりたいから」だったのでは‥と気付きました。

夫には好きな仕事をして欲しいし、キャリアを諦めて欲しくもない。専業主婦として子どもたちの成長を家で見守れることには、もちろん感謝している。

だけど、ただ黙って夫の転勤について行くしかできない自分を、時々惨めに思うことがある。

だから、「正社員」という働き方を手に入れれば、少しでも夫と同等の立場になれるんじゃないか、そんな気持ちが根底にはあったように思います。

この記事を読んでいる方の中にも、もしかしたら同じような思いで正社員での仕事を探している方がいるのではないでしょうか。

でも大丈夫。転勤族の妻として、慣れない土地で過ごすことだけでもう充分頑張ってますよ。

焦らず一歩ずつ、前に進みましょう。

転勤族の妻であることが辛いなと思ったら、こちらの記事も読んでみてください。

転勤族の妻は辛い?うつや無気力にならない為にできること

  こんな方におすすめ 転勤族の妻の辛さを共感し合いたい 夫の転勤に振り回されて疲れたと思っている 気分が落ち込まないためにできる対策を知りたい   転勤族の妻って辛いことがたくさ ...

 

まとめ

この記事では、転勤族の妻が正社員で働く方法を紹介しました。

転勤族の妻が正社員として働く方法

  • フルリモートOKの企業に就職する
  • 配偶者転勤帯同制度を利用する
  • 転勤先で正社員の求人を探す
  • 転職に有利な資格を取る
  • 夫に単身赴任してもらう

正社員として復帰する方法

  • 休職制度を利用する
  • 再雇用制度を利用する

正社員以外のおすすめの働き方

  • 派遣会社に登録し、派遣社員として働く

転勤族だからという理由で、正社員で働くことを諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。

ですが、リモートワークの普及により、正社員で働けるチャンスは増えています。

まずは登録だけでも、始めてみるのがおすすめです。

転勤族の妻の皆さんにとって、「仕事と働き方」に対する悩みは尽きないですよね。

みんな同じようにモヤモヤした気持ちを抱えています。あせらなくて、大丈夫。

自分らしく生きるために、ゆっくり一歩ずつ踏み出しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ゆい

4歳1歳のママ|転勤族7年目|自身の経験を元に、転勤妻を応援する記事を作成しています|転勤先で美味しいパン屋さんを探すのが生きがい

-仕事と働き方